切り絵の基本をわかりやすく説明したサイト。初心者でも簡単に切り絵を作ることが可能です。

切り絵好きの慢性病?眼精疲労対策

切り絵に集中しすぎて、酷い眼精疲労!

切り絵好きにとって、慢性病とも言えるのが腱鞘炎・・と思ったら大間違いです。

確かに最初の頃は余計な力が入るので腱鞘炎になるケースもありますが、慣れるにしたがって、手にかかる負担は小さくなります(やり過ぎはダメ)。

実は思った以上に多いのが酷い眼精疲労(頭の奥まで重い)です。切り絵も終盤に差し掛かると気持ちが高揚して一気に仕上げたくなります。これがヤバいのです!

私自身も眼精疲労で何度もナボリンS【第3類医薬品】のお世話になりました。
※眼精疲労では評判の飲み薬

ただし、この薬は値段が高いという問題があります。一時ですが私は切り絵の材料よりもナボリンSの出費の方が大きくなった事もあります(笑えない状態)。

【スポンサーリンク】

ファンケルの「えんきん」が、想像より良い!

最近は価格面に加えて、ナボリンS【第3類医薬品】を服用すると胃が重くなってきたこともあり体にも負担が掛かってきました。

しばらく目薬で凌いでいたのですが、やはり酷い眼精疲労の場合は頭や肩も痛くなるので服用タイプの方が効果があると思います。

そこで、目の機能性表示食品「えんきん」(ファンケル)を試してみました。

通販で『4週分でお試し価格1000円というキャンペーンがあったので、それに吊られたというのが本当のところです(苦笑)

価格が安いので半信半疑でしたが、私の場合は服用3週目くらいで肩と首のコリが楽になりました。(ちなみにナボリンSは高いだけあって7~10日で効果を感じました。)

誰でも同様の効果があるかは分かりませんが、個人的には合格点です。

あとは、胃が重くならない点がいいですね!服用タイプは継続しないと効果が出づらいので体への負担が気になる私には「えんきん」の方があっています。

私のように慢性的な眼精疲労が原因で肩や首がガチガチな人は、試してみる価値があると思います。

参考までに、アマゾンと価格を比較したのですが、公式ページから購入するのが圧倒的に安かったです。(以下に参考価格)

☆公式ページ⇒【ファンケル】手元のピント調整力をサポート!「えんきん」

【参考】2017年6月7日現在 ※価格は日々変動しますので参考
  ファンケル アマゾン
内容 28錠(試供品含む) 30錠
価格 1,000円 1,799円(2017年6月7)
【スポンサードリンク】

切り絵作品の掲載を希望する人は、コチラからどうぞ。

管理人オススメの図案集

切り絵作家garden図案集(最新) 出来上がった作品はインテリアのように美しいと評判。

人気のカラフル切り絵

初心者でも簡単です。カラフルで可愛いモチーフが多く女性から人気です。

切り絵用の紙(A4サイズ)

切り絵用の紙として人気!厚みがあるので作業がしやすく、仕上がりも高級感が出ます。

PAGETOP
Copyright © はじめての切り絵 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.